2021/03/12

彩り

ミツマタの花が咲き始めました!


202103122139341c0.jpg


ウグイスの鳴き声も聞こえてきます。春ですねー!

春が近づくにつれ山は彩りにあふれていきますね。
花粉も溢れてきますが(笑)



さて、最近の山田林業には新しい仲間が加わりました。二名も!

異業種から林業の世界へ来てくれたこと、山田林業を選んでもらえたこと、、
ありがたいです。


私ができるのは持っている技術を出し惜しむことなく伝えることです。それを自分色に昇華させて身につけてもらえれば幸いです。


伝えるなかで私自身も気づかされ、成長しなくてはと思うことが多々!勉強になります。


季節が山に彩りを加えるように、私たちは山田林業に、山田林業は社会にさらなる彩りを加えていけたらと思っています。

……いえ、書きながら思いつきました(笑)





最後に私が好きな歌の歌詞を載せます。
「僕のした単純作業が この世界を回り回って まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑」


さぁ、春はすぐそこです。
彩り加えていきましょう!


作業員  衣笠
2021/02/18

悲しい色やね

20210218231443d15.jpg


小春日和が続いていたのですが、本日は急に雪が降ってきました。
寒い!


瞬く間に真っ白になっていきます。あぁ、手足がかじかみます。


でも今年は雪が少ないように感じます。あ、昨年もか。

山田林業に私が入った頃はくるぶしの上までの積雪のなかズボズボと山を歩いていた記憶があるので、それに比べると量も頻度も少ないです。温暖化の影響なんでしょうか。

これが木の生育や生態系に与える影響はどれほどのものなのでしょう。
雪が少ないと作業は楽ですが心配にもなってきます。


作業員  衣笠
2021/01/31

おっと 罪の香り

おっと!しまった!
ブログを書かぬままもう明日から2月!!

新年の挨拶もブログではすることなく過ぎてしまった1月です(笑)



ここ最近は特にチェーンソーの目立ての研究を進めています。

20210131234049580.jpg



このサイズでも一応はそこそこ切れるようには仕上げれるのですが、もっと上の切れ味を体感したこともあるので、そこには到達できていない現状を変えたいです。


刃の形をどうするべきか、いろいろな文献を参考に実験を重ねております。

いつか自分の中の100点が出せたとき、胸を張って俺は目立てができる!と言い切りたいと思います!


追伸
ブログのタイトルは邦楽の曲名です。とくに深い意味はないです(笑)


2021年もよろしくおねがいします!


作業員 衣笠
2020/12/27

直感と実感

年末!
2020年も終わります。
今年も自分自身がどれだけ成長できたのだろう…、そう自問自答しています。

そんな中、弊社の作業員が無事に終えた伐採があります。

まずは写真を
2020122721554619b.jpg


20201227212536665.jpg


20201227212548fae.jpg



お墓が真後ろに控える中、クスノキを伐採した写真です。

広葉樹は杉や桧と比べて枝の付き方、樹種の多様さ、それに伴う強度の違い、重さの違い等、複雑な木が多いです。


なので重心の見極めやチェーンソーの切れ込みの入れ具合に熟練度が求められます。


どんな伐採も安全を求めながらも効率的に最短の時間で仕上げたい物です。

それを叶えるには技術力が高くなくてはならないでしょう。


伐採する木は一つとして同じものはありません。
伐る前に重量や強度を何かの機械で細かく計測なんてできません。

全ては作業者の勘に委ねられます。

といっても、博打ではありません(笑)

物理学的、力学的な思考なくして伐採の理屈は語れません。その理屈の上に技術と経験が乗っかっています。それが無ければ勘は全く当てにならない戯れ言になります。


今回のこの伐採は私の後輩にあたる作業員が行いました。
決して後ろには倒せないプレッシャーのなか見事に達成したことに大きな意義を感じます!

当人曰わく、このシチュエーションなら倒す方向はここしかない!と考えを巡らせ、チェーンソーコントロールも考えたとおりに行い伐採したとのこと。

今まで練り上げた技術でもって育てた勘が見事に作用したことは本当に素晴らしい!!

木をみて、状況をみて働く「直感」をどれだけ成長させられるかが伐倒者のレベルを上げる大きな役割を担っています。

直感を信じ、倒して得られる「実感」が大きな財産なんです。


そんな現場をいくつ踏めるかで作業者としての幅も変わってくるのかなぁと思います。


うらやましい!
私ならどう伐倒していただろうと思いを馳せつつ。
私の技術もどこまで伸ばせるのか…。負けないように頑張ります!

クスノキの伐採、お疲れ様でした!
2020/11/29

ギリギリ

あ、いけるな。

そう思ったのでギリギリを攻めて盛土をしました。

202011292328586ca.jpg


このギリギリは意固地になって追い求めると効率悪かったり、木を傷つけたり、悪い方向に転じやすいのであくまでも「あー、いけそうやなー」って時に限ります。

でも、そのいけそうやなーを増やしていきたいがために意固地にチャレンジしてしまうのが私の癖でもあります(笑)