2022/07/10

夏色

短かった梅雨が明けて今は夏!


見て下さいこの夏空
202207101644572ff.jpg


蝉の声も次第に聞こえはじめ、山でもヒグラシが鳴き始めました。

夏が大好きな人間としては今は最高に体調が良くなるシーズンです。夏バテなんて都市伝説です。(皆さんは無理をなさらずに)

生野の山は姫路に比べれば本当に涼しい場所なので仕事がしやすいです。

でも動けば暑いもので、通勤路の近くの川に飛び込みたくなります。

太陽、蝉、向日葵、かき氷、海、川、ソーメン、夏休み

夏に聞くとワクワクするフレーズばかりです。

…………
短かった梅雨のせいなのか、気温の上昇が早いせいなのか今年は生野では現時点でアブが少ないように感じます。

木々の成長にも何かしらの影響はあるのでしょうか。

木材はというと、ここ最近は値を落として厳しい状態になっています。

伐る時期としても旬ではありません。

しかし、伐って利用するしかないので何とか効率よく仕事をしていきたいと思います。

皆様におかれましては熱中症にくれぐれもお気をつけ下さい。水分と塩分の補給、しっかりと食事、睡眠をとる、過度な冷気に当たりすぎない、これらは夏バテを防ぐのに有効だそうなので意識してみてはいかがでしょう。



作業員 衣笠
2022/06/19

巨木にまつわるエトセトラ

神戸森林植物園

ここにはアメリカから来たセコイアオスギの輪切りがあります。

その大きさには本当に驚かされます。
普段、木を伐っている仕事だからこそ感じるその特別さ。

20220619205534c89.jpg


直径は5mを超えるとのこと!
どうやって伐ったのでしょうか。

どんな衝撃だったのでしょうか。

妄想が膨らみます!

大きいこと以外に目がいく点がありました。
それは年輪のつまり具合。
20220619205550107.jpg


若いときから年輪は一定のスピードで、細かな幅で成長しています。

20220619205558e28.jpg


伐採されるその時まで成長力は落ちていません。

長生きする木はゆっくりとずっと同じスピードで成長します。
そんな木を間伐で残して行くのも一つの技術です。


そして、もう一つ目を奪われたのがこれ!
20220619205625995.jpg


伐採に使用されたチェーンソーです!
なんと大きいのでしょう。
山田林業が所有するチェーンソーなんておもちゃに感じる大きさです。

バーが長い!約88インチ。(我々は普段、20インチを使います。)

20220619205607d18.jpg


202206192056177a7.jpg


大きい木を切るためには切れ味の良いチェーンが大事です。

刃は角刃、上刃目立て角は割と鈍角に仕立ててあります。
実際にこの刃が使われたかはわかりませんが、刃からアメリカの木こりの意志を感じることができました。


こんな木を切ってみたい。伐った人の話を聞いてみたい。売ったらいくらになるか試したみたい。

色んな思いが錯綜しました。


作業員 衣笠
2022/05/31

作業員の道具紹介シリーズ

今回のブログでは、山田林業の作業員が持つ自分の道具について紹介します。

林業をしている人は基本的な装備として、腰袋とヨキとクサビがあります。

そこに各作業員のこだわりが表れたりもするので不定期ですが紹介していきたいと考えています。

私、衣笠の道具に関してはブログの初期にありますので今回は作業員のF氏の道具をご紹介。

20220531001530c5c.jpg


腰袋はハスクバーナの純正品。
腰全体に荷重を分散してくれるため、負荷が軽く感じられる優れもの。
林業の専門メーカーだけあって、クサビを入れるポケットもジャストフィットで使いやすいそうです。
ヤスリのホルダーもついていますね。

そして、倒した木の長さを計って切る際に使用するロガーテープも取り付けています。

次にヨキ。
20220531001537046.jpg


これまたハスクバーナの純正品。
木製ではなく強化プラスチック製の柄は軽く、またヘッド部分が抜けてしまわないような作りになっているためメンテナンスが要りません。(刃は研がないとダメです)

柄が長くヘッドがある程度の重さのあるヨキを求めてこれに行き着いたらしいです。

20220531001547dc0.jpg



加えて、ヨキの背に加工をして腰袋に取り付けたフックにかけることが出来るようにしています!
こうすることで持ち運びやすさを向上させた模様です。

F氏曰わく最高の携帯性だそうで、伐採の効率は数倍上がることが見込めるそうな??


とてもこだわりが感じられる装備でした。

ではまた次回!

作業員 衣笠
2022/05/14

空に太陽があるかぎり

202205142139354bd.jpg


ご覧ください。

何時の空だと思いますか?


これは17時の空です。

5月も半ば、日が長くなり17時になってもこんなに明るいです。

それもそのはず、夏至まであと1ヶ月ちょいです。

太陽の力が増していくのを感じると、山の緑も生き生きしているように見えます。

我々も生き生きと仕事しましょう!
空に太陽があるかぎり!(残業宣言??笑)


作業員  衣笠
2022/04/30

ゴールデンウィーク突入

こんにちは!

山田林業もゴールデンウィークに突入し、連休となっております。 よろしくお願いします。


木にとってはこの時期あたりから皮がズルズルと剥けやすくなり、材には穴をあけてしまう虫がよく発生するようになります。

立木への傷に細心の注意と、出材した丸太の迅速な出荷が大切です。

山田林業では、薪の作成が今シーズンも始まっています。
これからの季節、アウトドアで活用されてみてはいかがでしょう。
詳しい近況は弊社インスタグラムでも公開されています。ご参照下さい。
https://instagram.com/yamadaringyou?igshid=YmMyMTA2M2Y=

さて


皆さんは連休をどうお過ごしでしょうか。


現場仕事をしていると連休あけの体力低下に不安が募ります…。

何かと理由を付けて体力低下を受け入れるにはまだ私の心が納得しないので、連休中は少しでも時間を作って運動します!
小さな積み重ねでしか高い所へはいけませんからね。

これは負の意味でも通用する言葉でもあります。

運動しない、節制しないことを少しずつ積み重ねてたどり着く境地……。うーん、おそろしい。


年齢と環境のせいには出来ない階段を見て見ぬ振りして上がっていませんか?

偉そうに言っていますが、これは自戒です(笑)


少しでも現役の木こりで有り続けるために、理想の木こりに近づくために、ちょっとずつ積み重ねていきます。
……とりあえず明日から。


作業員 衣笠