2020/03/01

日曜工作

現場で手に入る木がきっかけでちょこちょこ木工をやっています。

木工といっても切って磨くだけですが(笑)

最新作は写真立て!
2020030123073859a.jpg


202003012306543d0.jpg


材料がすぐに手に入るのもこの仕事の魅力の一つではないでしょうか。

細く長く楽しみたい趣味になるかも!
2020/02/29

目立ての道は続くよどこまでも

とある後輩にチェーンソーの目立てを教えています。

私自身、試行錯誤をしながら修行中ではありますが、自分が通ってきた目立ての道のりを踏まえて道案内してあげることは大事かなと思います。

20200229210610da3.jpg


目立てはチェーンソーの切れ味を左右し、それは仕事のクオリティをも左右します。

目立てが悪ければ体力は倍、時間も倍、燃料も倍かかります。百害あって一利なし。


会社の備品であるチェーンソーの刃を最後の最後まで切れ味よく使い切るために、自分の道具に対するこだわりをもって目立てして欲しい!

君の目立てにも会社、仲間、家族の生活がかかっていますよ。

千里の道も一歩から。
ともに歩きましょう。
2020/02/16

きこり

季節はずれの暖かさが日常になってしまうのでしょうか。
この冬は足や手の指先がキンキンになる頻度が少ないです。
もの足りない(笑)


現在、各現場では怒涛の忙しさが続いています。
人員が足りない、時間が足りないetc

その影響が違う現場を圧迫したりと悪い連鎖も見られます。

最大限のパフォーマンスと早さを出せるようにがんばりますが、
この状況になるとあせりが出てしまいます。

木へんに焦るとかいて樵(きこり)ですが、
この状況にぴったりですね、、




というのは冗談で、本当の意味は木を焦がす(こがす)と書いて樵らしいです。

その昔、木は燃料が主力の用途でした。
そこから木を燃やすために伐る(こる)人間をきこり(樵)と呼んだそうです。(ネット情報)



燃やすために伐りだす仕事も多くこなす我々としては、読んで字のごとく樵です。


ただ、燃やす以外の用途にもしっかり利用してなんぼの林業。
現場の忙しさ、木材価格とにらめっこ。

あせる、ではなく
こがす、のみではない。

そんな樵の集団、来週からも頑張ります!
2020/01/14

新年最初のブログ。

もう日付は14日で、明けましておめでとうございますと言うには遅いかもしれませんが新年最初のブログです。

仕事始めは毎年、神社へのお参りから始まります。
20200114221458668.jpg

しっかりと祈祷を受けて、この一年頑張っていきます!


そんなそんなで私が今いる現場は、民家の裏。
20200114221505a7f.jpg


後輩と共に伐採です。

背後に建物がある時の伐採はヒヤヒヤさせられます。
しかしこの経験はとても重要です。

いつもより確実な伐倒技術が求められます。
木の動き一つ一つに目を光らせ、理由を見いだし、自分の糧にしましょう。
自己の研鑽と後輩育成。頑張ります。

今年もよろしくお願いいたします!
2019/12/31

良いお年を!

本年も残すところ後わずか。このブログ投稿時点ではあと3時間を切っています。

28日には仕事納めとして、現場の清掃や事務所と社有車の清掃を行いました。

20191231211637eb8.jpg


連休前には行う清掃ですが、たまっていた埃の量ときたら…(笑)

しかし、さっぱりキレイにできたのでこれで新年は気持ちよく仕事が始められることでしょう!

201912312116445a7.jpg


2019年もありがたいことに忙しい毎日でした。そんな中で各作業員が成長し、力をつけていけたのではと思っています。

もちろん反省すべき点も山ほどあります。

そんな反省を、きたる2020年に活かしてさらなる成長を全員でしていけたらなと思っています。

山田林業がもっと力を付けてもっとプロフェッショナルになれるよう、私自身もその柱となれるよう尽力して参ります。

今後とも山田林業をよろしくお願いいたします!!


それでは良いお年を!!!