2020/12/27

直感と実感

年末!
2020年も終わります。
今年も自分自身がどれだけ成長できたのだろう…、そう自問自答しています。

そんな中、弊社の作業員が無事に終えた伐採があります。

まずは写真を
2020122721554619b.jpg


20201227212536665.jpg


20201227212548fae.jpg



お墓が真後ろに控える中、クスノキを伐採した写真です。

広葉樹は杉や桧と比べて枝の付き方、樹種の多様さ、それに伴う強度の違い、重さの違い等、複雑な木が多いです。


なので重心の見極めやチェーンソーの切れ込みの入れ具合に熟練度が求められます。


どんな伐採も安全を求めながらも効率的に最短の時間で仕上げたい物です。

それを叶えるには技術力が高くなくてはならないでしょう。


伐採する木は一つとして同じものはありません。
伐る前に重量や強度を何かの機械で細かく計測なんてできません。

全ては作業者の勘に委ねられます。

といっても、博打ではありません(笑)

物理学的、力学的な思考なくして伐採の理屈は語れません。その理屈の上に技術と経験が乗っかっています。それが無ければ勘は全く当てにならない戯れ言になります。


今回のこの伐採は私の後輩にあたる作業員が行いました。
決して後ろには倒せないプレッシャーのなか見事に達成したことに大きな意義を感じます!

当人曰わく、このシチュエーションなら倒す方向はここしかない!と考えを巡らせ、チェーンソーコントロールも考えたとおりに行い伐採したとのこと。

今まで練り上げた技術でもって育てた勘が見事に作用したことは本当に素晴らしい!!

木をみて、状況をみて働く「直感」をどれだけ成長させられるかが伐倒者のレベルを上げる大きな役割を担っています。

直感を信じ、倒して得られる「実感」が大きな財産なんです。


そんな現場をいくつ踏めるかで作業者としての幅も変わってくるのかなぁと思います。


うらやましい!
私ならどう伐倒していただろうと思いを馳せつつ。
私の技術もどこまで伸ばせるのか…。負けないように頑張ります!

クスノキの伐採、お疲れ様でした!
2020/11/29

ギリギリ

あ、いけるな。

そう思ったのでギリギリを攻めて盛土をしました。

202011292328586ca.jpg


このギリギリは意固地になって追い求めると効率悪かったり、木を傷つけたり、悪い方向に転じやすいのであくまでも「あー、いけそうやなー」って時に限ります。

でも、そのいけそうやなーを増やしていきたいがために意固地にチャレンジしてしまうのが私の癖でもあります(笑)
2020/11/05

新事務所!!

先日、山田林業の事務所が新しい場所へと移動しました!

20201105224318681.jpg


日頃お世話になっている方々からこんなにきれいなお花をいただきました!ありがとうございます!


気分も新たに、ますます活躍していけるよう作業員一同も頑張ります!
2020/11/02

木の行方

一般の方に言われました。

「バイオマスが盛り上がってきてるんだからどんどん木がチップで売れていいね。」

それに私は返しました。

「確かにチップ材は以前より大量に必要になりました。しかし、山にはチップにするのにはもったいないような品質のものや、先代から手間暇かけて育てたものがあります。それらを簡単にチップに回すのは木こりとして心が痛むんです。」

そういうと

「それは時代に合わせて価値観を変えていかないと。」

と返されました。
一理あります。

ただ

机上では材積でしか現れない木々には植えた人、育てた人の思いが詰まっています。

その思いとは。建材として高く売るということ。


加えて木というものは根元から梢までで多様な使い方ができる資源でもあります。
どんな木にもチップにまわせる部分はあるわけです。

なにも太くきれいな所までチップにはしたくありません。
どうにか建材として送り届けてやりたい。

その一心で働かないと技術の伝承、思いの伝承がされないでしょう。


言われたことを例えるならば、丹誠込めて作られた高級車をどんどん鉄くずとして出荷していく時代だと言われているようなものです。

もったいないですよね?



木は燃料でもあり、建築用材でもあり、立っているだけで憩いの象徴にもなり得ます。夢の資源です。



数字で見れば日本にこれだけのスギヒノキがある、だからどんどん利用していこう。

…。

材積という数字の向こうには様々な品質、思い、役割があることを林業を少しでも興味持っていただけた方には知ってもらいたいです。


深夜に書いているもんで、なんか堅苦しすぎになりました(笑)

もっと砕けたやつ投稿します!
202011022348598c8.jpg
2020/10/29

圧倒的 大差!

10月ももう終わり!

全然更新できず、サボりすぎました。

現場は一区切りするところまでもうちょっと。
20201014225528041.jpg


安全かつ迅速にすすめてまいります!



……
4億 対 4千万

7千万 対 1千500万


さあこの数字はなんでしょう。



これはGoogle検索のヒット数です。

最初の対決は「農業」対「林業」
次の対決は「農家」対「林家」です。
数字は変動するので今はどちらとも増減していると思います。


それにしてもこの大差!

同じ一次産業なのに…。
林家に至っては、林業と関係ない芸能のページも多く含まれているのに…!(笑)



林業がいかに関心がもたれていない、情報に触れる機会が少ないかがわかるバロメーターになるのではないでしょうか。


ちなみに農地面積と山林の面積を比べると、、、
山林の圧勝です(笑)


他にも、放送予定のテレビ番組をキーワード検索できるサイトで農業、林業、漁業を検索すると…
林業がダントツ最下位でした。

ここにも関心の低さや、興味を引けるコンテンツではないと判断されていることが出ているのかもしれません。


こんなもんではいけません!
もっと認知してもらわないと!

とりあえずテレビCM流すとかどうでしょうか。
佐藤健さんとか新垣結衣さんとかTWICEとかに出てもらって(笑)

話題性ばっちりですよ。

どうですか、山田林業で( ´艸`)